フラット35審査のポイントは何?

フラット35は住宅金融支援機構と民間の銀行が提携して提供される長期固定型の住宅ローンです。
フラット35の申し込みは提携銀行で行います。
申し込みを受けた銀行は、仮審査を行います。
内容は信用情報機関に照会をかけ金融事故歴などがないかを確認する程度のもので1日から数日で結果が出ます。
余程、返済能力や信用情報に問題が無ければ、仮審査は通るようです。
次に住宅金融支援機構の本審査が行われます。
ここでは借り手の審査だけでなく、購入対象となる住宅が機構の規定した基準に適合しているかを検査します。
住宅の床面積70平方メートル以上、一般の道に2m以上接すること、原則として2つ以上の居住室、炊事室、浴室、便所の設置など細かい規定があり、合格した住宅には適合証明書が交付されます。