フラット35sエコ借り換えはどう?金利を比較してみよう!

フラット35sは、エコ、耐震、耐久性、バリアフリーといった基準が満たされた、新規の高機能住宅を対象として、住宅資金融資を行っています。
ですから、借り換えの場合は貸し付け対象になりません。
フラット35の場合ですと、フラット35の条件を満たした物件であれば借り換えに利用することが可能です。
フラット35sの場合には、金利引き下げが出来るプランが用意されているので魅力的ですが、新築物件に対象が限られていますから長期固定金利のローンを選ぶなら、フラット35ということになるのです。
ただ、こちらも建築基準がありますから、平成21年以前に建築された物件の場合、耐震基準の変更が気になるところです。
基準を満たしているのか確認しておくと良いでしょう。
http://xn--35-9i4aua7d9fp407b02sc.skr.jp/