借入件数はフリーローン審査の重要要素

【フリーローンの審査では他社での利用件数が重視される】消費者金融のフリーローンには貸金業法による総量規制が適用されますから、すでに借入総額が年収の3分の1以上ある人だと、新たな借入はできません。
では借入総額が3分の1に達していない場合は借入ができるか、と言えば、そうとも断言できません。
例えば年収480万円の人の場合だと、総量規制に従えば160万円まで借入ができることになります。
と言うことは、これまでの借入残高が100万円あるとすれば、後60万円借入ができるはずです。
でもそうとばかりは限らないのです。
借入残高が100万円でも、借入先が3~4社に及んでいる場合は、新たな借入申込では審査に落ちることがあります。
それは借入先の件数が多すぎて支払い困難に陥る恐れがある、と判断されるからです。
このように借入件数は審査での重要な要素になるのです。