銀行カードローン審査は必ず在籍確認ある?

新規でカードローンの申込を行うと、審査の過程で在籍確認といって職場に勤務している実態があるかどうか、確認の電話をかけてくる場合があります。
個人名でかかってくることが殆どですが、勘のいい人はキャッシングだと思うようで、気まずいし、それでいて言い訳するのも気がひけます。
そのように考えている人は少なくないようで、在籍確認の電話なしで審査が完了する方法もあります。
業界でも老舗の部類に入る大手業者や銀行系も対応を始めており、在籍確認しないでほしいという申し入れをすると、会社や組合の名前が入った保険証などで審査する方法をとってくれます。
すべての会社が同様というわけではないので、先に確認しておくと良いでしょう。
これはカードローンに限定した話ではありませんが、実際にお金を借りようとした時に、最も貸す側にとって気がかりになる事というと、借りる人がきちんと返済できるのかどうか、という問題ですよね。
ですから、これから住宅ローンを受けようと考えても、審査の段階でバンクイックやみずほ銀行カードローンを組んでいる状態ですと、果たして住宅ローン返済の予定が立つのか、あるいはそのような能力があるのか、という点を見ると不利になると言わざるを得ません。
キャッシングの返済の仕方はたいへん多くなっており、指定されたATMを利用したり、ネットを使って返済するという返済の仕方も使用可能です。
最も安心できるのは口座振替で、この方法なら返済を忘れることはないかと思います。
どういった方法で返済するかは選べます。

銀行カードローン総量規制って何?解説!【総量規制の対象になるの?】